top of page
Frame 1.png

​プログラム紹介

生活習慣改善プログラムの流れ

本プログラムでは食事、血圧などアプリにデータを共有、医療スタッフが食事、生活習慣のアドバイスをおこないます。

サービス内容

  • オンラインで利用可能

    本プログラムでは食事、血圧などアプリにデータを共有、医療スタッフが食事、生活習慣のアドバイスをおこないます。

    30 分

  • オンラインで利用可能

    本プログラムでは食事による血糖値を持続で見ながら、医療スタッフが食事、生活習慣のアドバイスをおこないます。

    30 分

  • オンラインで利用可能

    本プログラムでは自宅で腸内細菌の検査を行い、それを元に専門医が食事、生活習慣のアドバイスをおこないます。

    30 分

  • オンラインで利用可能

    本プログラムでは心拍変動測定アプリを用いて、自覚できないストレスをモニタリングし、保健師/心理士が改善案のアドバイスを行います。

    30 分

生活習慣病は自覚症状がなく進行していきます。症状が現れたときには、かなり悪化している可能性があります。健診結果の判定を放置していませんか?

早めの生活習慣の改善があなたの未来に大きく影響しますので、今から現在の生活習慣を一緒に見直してみませんか?

Tomoasiではアプリを用いて、あなたの生活習慣の見直しをスタッフがサポートします。病院に行くほどではないが、なにかきっかけがほしい、そんな方に最適なプログラムです。

1. Tomoasisの申込サイトから申し込みをする

生活習慣改善プログラムではスマホに入れるアプリをダウンロードしていただく事が必要になります。メールであらかじめ、アプリのダウンロードをお知らせしますので、まずはTomoasisの申込サイト(https://www.jicoo.com/t/tomoasis/f/U5y4GZo-P2NR)から申し込みを行ってください。

3. 生活習慣改善プログラムを予約する

面談予約は、予約サイトからカレンダーより自分の予約を取りたい日時をクリックします。カレンダーをクリックすると、その日に予約コマを登録しているが一覧で表示されます。面談を受けたい時間とスタッフを選択し、面談の予約を取ります。Zoomのリンクが自動的に発行されますので、​時間になったら、Zoomへ入室し面談を開始してください。

2. ANBAIアプリをインストールする(スマホ)

①スマホにアプリをインストール

②スマホを起動してスマホのカメラに指先を60秒かざして計測

③その日のコンディションが表示

隠れストレス負債についてはこちらの記事を参照ください。https://anbai.team/kakure_stress/

4. アドバイスを元に生活を改善

保健師、心理士がカウンセリングであなたの悩みをお聞きします。もし取り入れられそうなアドバイスがあれば生活を改善してみてください。 プログラム中は3回の面談とアプリは何度でも測定可能です。

​お客様の声

体験された方々の感想
undraw_conference_call_b0w6 2.png
楽しみながら管理ができる

30代で起業し、健康診断は受けていたものの、高血圧もあって通院を始めていました。​

ただ忙しく、自分の体の管理までは手が回りませんでした。Tomoasisでは自分の検査結果から必要な健康管理を医師の方が個別にアドバイスしてもらい、今までの食生活や運動などについても聞くことができました。

管理されていないと続かないなと思っていたので持続型血糖測定器など新しいデバイスも紹介してもらい、楽しみながら管理することもできます。

40代 女性 会社経営

undraw_conference_call_b0w6 3.png
医師のアドバイスを
もらえる

健康診断などは今まで受けたこともなく、最近だんだん体の調子が悪くなってきていたので、サービスを使いました。

便秘がひどかったので、まず腸内環境の改善をアドバイスされました。加えて、自分の腸内細菌の検査も行い、自宅にいながら検査することができたので便利でした。

オンラインでも検査できるものはありますが、何を検査したら良いか分からないので医師からアドバイスしてくれるのは助かりました。

30代 女性 広告会社勤務

undraw_conference_call_b0w6 1.png

理系のため、データに関しては興味がありました。

健診ではLDL(悪玉コレステロール)がいつも高く、体重も増えていました。Tomoasisでの初回面談で、外食によってLDLが増えること、食事の写真を撮ることなども教わり、自己管理が楽しくなってきました。

​オンラインで面談できるのもメリットで、わざわざどこかに出かける、人と会うより自宅などで面談するので、めんどくさがりな自分にもあっているように感じます。

30代 男性 研究者

オンラインで
面談できる
bottom of page